FC2ブログ

ラルース学院 中国語科

中国語は21世紀の世界共通語!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

捏捏族

今日の一言中国語:「捏捏族」(niē niē zú)

解説する前に、皆さんまず「捏捏族」の意味を考えてみてください。

まず、「捏」は、「つまむ、揉む」の意味です。
例えば、「捏饺子」(ギョウザを作る)。

そして、「〜〜族」は、「共通の属性を持ったグループの分類」という意味です。
他にも、「月光族」、「啃老族」とかがあります。

さて、こちらの「捏捏族(モミモミ族)」はどういう人たちの分類を指しているのでしょうか。


記事によると、「『モミモミ族』の多くがホワイトカラーの若者で構成されている。彼らはストレス発散のためにスーパーマーケットに行き、商品のインスタントラーメンやクッキー、カステラなどを袋ごと揉んで粉々にする、あるいは清涼飲料水のペットボトルのフタを緩めて炭酸を抜くなどのイタズラ行為を繰り返しているという。」

本当に迷惑な人たちですね!
日本だったら、間違いなく営業妨害で逮捕されますよね。

皆さんは、もしストレスが溜まったら、
アウトドアのスポーツやレジャーで発散するようにしましょうね。
あっ、卓球がいいですよ(笑)

スポンサーサイト

PageTop

以牙还牙、加倍奉还

今日の一言中国語は、
今夜最終回を迎える半沢直樹を記念致しまして(爆)
今流行の言葉を2つご紹介します:

・「以牙还牙」(yǐ yá huán yá):やられたらやりかえす
倍返し1
・「加倍奉还」(jiā bèi fèng huán):倍返しだ!
倍返し2

半沢直樹の中国語字幕を見た時に、
これはうまく訳したなと感心しました。

ただ、「10倍返し」は、「10倍奉还」と、
ちょっとベタ過ぎて残念でしたー_ー

倍返し3

さて、ここで質問です。
おそらく今日の最終回に登場する予定の「百倍返し」は、
中国語でなんと言うでしょう〜〜〜w

えっ、簡単すぎる?@_@

PageTop

厕所在哪里

今日の一言中国語は、「厕所在哪里?」(cè suǒ zài nǎ lǐ)
意味は、もはや説明不要、「トイレはどちら?」ですね。

さて、中国で「そりゃないだろ!」と思うのがやはりトイレですね。

今日は殿堂入り確定の「中式トイレ」をいくつかご紹介します。

皆さんがもし中国に行かれる時、
「運良く」そんなレジェンド級のトイレに出会うことができれば、
是非激写して僕に送ってくださいね!
cntoire02.jpg
cntoire03.jpg
cntoire04.jpg
cntoire05.jpg
cntoire06.jpg
cntoire07.jpg
cntoire11.jpg
cntoire12.jpg
cntoire13.jpg

PageTop

红绿灯

本日の中国語一日一句:「红绿灯」(hóng lǜ dēng)

ご存知の方も多いかと思いますが、
意味は「信号機」です。

それ関連の例文:

「闯红绿灯」:信号無視をする
「过马路要遵守红绿灯」:道を渡る時は、信号を守りましょう。

ところで、信号には赤、青、黄の三種類がありますが、
なぜ「黄」だけが仲間はずれされて、「红绿灯」と呼ばれているのでしょうか?

資料によると、「1923年、上海の共同租界で、一部の交差点に機械装置で車両の停止・進行を指示する仕組みが導入され、同年4月13日、上海の南京路の重要な2交差点に、緑と赤の信号機が初めて設置された。」

つまり、その当時には、「黄色信号」がなかったからです!

そして、更に驚きなのは、
黄色信号の発明者は、実は中国人でした!

こちらも資料によると、

「黄色信号の発明者は中国の胡汝鼎(1905-1985)。米コーネル大学やマサチューセッツ工科大学(MIT)に留学していた胡汝鼎は1925年、米国の 発明王トーマス・エジソンが設立したゼネラル・エレクトリック(GE)とMITが共同で開講する講座に参加しており、エジソンの学生ともいえる。

胡汝鼎は米国の交差点で、信号が赤から緑に変わり道を渡ろうとした時、1台の車がすぐ傍をかすめ冷や汗をかいた。帰宅した胡汝鼎は思案の結果、赤と緑に黄色を加え、人々に注意を促すことを思いついた。

胡汝鼎のアイデアはすぐに採用され、緑、黄、赤の3色からなる信号機が世界に誕生した。」という。

なるほど、中国4大発明以外に、
中国人が意外なところでも世界に貢献しているんですね!

PageTop

「裸婚族」

今日の一言中国語 「裸婚族」(luǒ hūn zú)
意味は、マイホーム、マイカー、結婚式、結婚指輪、ハネムーン等、
結婚に必要と言われていることをやらないで、結婚証明書だけ取る人達のこと。

日本では結婚前に男性側が女性側に結納するのは歴史と伝統をもつ行為ですが、
実は中国でも結納の伝統があります。
しかも、年々高額になる傾向があります。

今中国で人気を集めている、「全国聘礼(結納)地図」を見てみましょう。
この写真は、地図の形式で全国各地の結納金の相場を表記しています。

例えば、トップレベルの上海と天津では、それぞれ、
10万元(約160万円)+新居、と 6万元(約90万円)+新居 
が要求されることが分かります。
他には、山東省では「1.5キロの100元札」、つまり10万元(約160万円)
内モンゴル自治区では、「8888元 + 9の倍数の家畜 + クローゼット + ゴールドアクセサリーのセット」など、
ご当地色が強い結納ボーダーが分かります。

そんな背景の下に、「そんなバカみたいな結納金を節約して、旅行や新居のリフォームに使おう!」と出張する若者も最近増えていおり、
いわゆる、「裸婚族」現象です。

さて、「爱面子」(メンツを重んじる)の中国では、
「裸婚族」の流れがどこまで社会に受け入れられるのか、
これからも注目です。

聘礼地图

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。