FC2ブログ

ラルース学院 中国語科

中国語は21世紀の世界共通語!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「裸婚族」

今日の一言中国語 「裸婚族」(luǒ hūn zú)
意味は、マイホーム、マイカー、結婚式、結婚指輪、ハネムーン等、
結婚に必要と言われていることをやらないで、結婚証明書だけ取る人達のこと。

日本では結婚前に男性側が女性側に結納するのは歴史と伝統をもつ行為ですが、
実は中国でも結納の伝統があります。
しかも、年々高額になる傾向があります。

今中国で人気を集めている、「全国聘礼(結納)地図」を見てみましょう。
この写真は、地図の形式で全国各地の結納金の相場を表記しています。

例えば、トップレベルの上海と天津では、それぞれ、
10万元(約160万円)+新居、と 6万元(約90万円)+新居 
が要求されることが分かります。
他には、山東省では「1.5キロの100元札」、つまり10万元(約160万円)
内モンゴル自治区では、「8888元 + 9の倍数の家畜 + クローゼット + ゴールドアクセサリーのセット」など、
ご当地色が強い結納ボーダーが分かります。

そんな背景の下に、「そんなバカみたいな結納金を節約して、旅行や新居のリフォームに使おう!」と出張する若者も最近増えていおり、
いわゆる、「裸婚族」現象です。

さて、「爱面子」(メンツを重んじる)の中国では、
「裸婚族」の流れがどこまで社会に受け入れられるのか、
これからも注目です。

聘礼地图
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。